オロオロKTのグラブル攻略ブログ

管理人オロオロKTがグラブルの攻略を綴(つづ)っていくブログとなっております。経験を積んだら所有しているキャラ、召喚石など評価した記事予定しております。

闇ユーステスの個人的な評価と使い方を考案!

闇ユーステス
連撃率アップと
ワンパンでも使える!

オロこんばんちわ~

オロオロKTのグラブル攻略ブログへようこそ!

管理人のオロオロKTでございます。

今回は闇ユーステスの個人的な評価と、使い方などをまとめておきます。


僕の場合は闇ユーステスは加入当初からスタメンに入っていたので、かなり強い印象があります。

連撃率を確保しやすくなりましたし、EX+の1ターンキルができるようになったのも、闇ユーステスがいたから目処(めど)がたちました。

育てようか迷っている人や使い方がわからない人の参考になれば幸いです♪

それでは本日のグラブルも張り切って参りましょう!

 

下のメニューをクリックすると
その部分に飛びます
お好きなところからどうぞ♪

本日のメニュー

闇ユーステスの個人的な評価

個人的な評価点

全キャラで比較⇒94点/100点

強いポイント

・常に自身と味方単体に連撃率アップ+追撃効果
・充填Lvで奥義性能が上がり高火力を叩き出せる!
・主人公パラゾニウムなどの短剣編成ではスタメン候補。
・最終が未実装なので将来性もある。

弱いポイント

・1ターンキルの場合ポチ数がかさみやすい。
・奥義を打ちたいタイミングで充填Lvがたまらないことも・・・

闇ユーステスのステータス

レアリティ SSR
属性 闇属性
最大HP 1200
最大攻撃力 8600
種族 エルーン族
得意武器 短剣・銃
タイプ 攻撃
声優 中井和哉

闇ユーステスは得意武器が短剣なので、短剣パーティでもスタメン候補となります。

パラゾニウムを持っていればさらに連撃率を上がることができるので、非常に相性が良いキャラと言えるでしょう。

声優さんはワンピースのロロノア・ゾロ銀魂土方十四郎役として非常に有名な声優さんです。

一時期ハマっていたゲーム『ゴッドイーター』のソーマとかも、個人的に好きでしたね!

闇ユーステスの奥義性能

闇ユーステスの奥義性能

奥義効果は敵の攻撃を20%ダウン+暗闇効果を付与します。

アビリティのよって充填(じゅうてん)Lvがたまっている場合、その充填Lvをリセットして奥義ダメージと奥義ダメージ上限をアップさせます。

カニック編成でとりあえずアビリティを1~3まで使い、奥義を発動することでお手軽に火力を出せるのが魅力!

充填Lvをためるためにはアビリティを使う必要があるので、その分演出時間がかかるのはデメリットですね。

闇ユーステスのアビリティ性能

アビリティ1:ツー・マン・セル

アビリティ1:ツー・マン・セル

味方単体と自分にツーマンセルを付与するアビリティ。

対象にツーマンセル効果を与えることで、闇ユーステスのサポートアビリティ『クロース・コンバット』の効果を与えることができます。

クロース・コンバットの効果が連撃率アップ+追撃付与+回避率アップなので、追撃で通常ダメージを上げつつ、連撃によって奥義ゲージをためやすいのがメリット。

しかも効果ターンと使用間隔が5ターンと同じなので、実質常時効果が発動できるのが非常に強いですね!

アビリティ2:フォエヴァー・ユアーズ

アビリティ2:フォエヴァー・ユアーズ

敵の4回闇属性ダメージを与えて防御ダウン(10%/累積)できるアビリティ。

重要なのは闇属性ダメージではなく防御ダウン。

主人公のミゼラブルミスト+アーマーブレイクで防御下限に届かない場合など、もうひと押しで下限に届く場合に使えますね!

奥義ダメージ&奥義ダメージ上限を上げるために必ず使うことになるので、累積防御ダウンも生かしていきたいところ。

アビリティ3:シェッド・ユア・ブラッド

アビリティ3:シェッド・ユア・ブラッド

闇キャラのクリティカル確率をアップ+させるアビリティ。

内容には稀(まれ)にダメージが上昇と書いていますが、発動率が約70%くらいで倍率約30%と割と高め。

奥義ゲージが80%以上時に使用すると、次の奥義ダメージに追撃ダメージが発生するので、意識して使いたいところ。

サポートアビリティ

クロース・コンパット

1つ目のサポアビ:クロースコンバットの詳細については、『アビリティ1:ツー・マン・セル』の項目を参照してください。

ツー・マン・セルで充填Lvを上げつつ連撃率アップ+追撃が付与されるので、通常攻撃と奥義ダメージを上げることができます!

ヴァンピィのLBの追撃付与とは共存できないので、ツー・マン・セルの対象はヴァンピィ以外にした方が良さそうですね。

震狼

2つ目のサポアビ:震狼は、充填Lvに応じて奥義性能が上がる効果。

最大がLv3なので全てのアビリティを使っていると、必ず充填Lv3の状態で奥義を発動できます。

ただし!連撃率が上がってくると、5ターンより短いターン数で奥義ゲージがたまるので、充填Lvをためられない場合もあるんですよね。

こうなるとアビリティの使用タイミングが難しくなるので、状況によってターンをずらすか、充填Lvをあきらめる状況も出てくるでしょう。

闇ユーステスの入手方法

闇ユーステスは、キャラ解放武器『イシュタル』を入手すると、仲間に加わります。

神石編成をやらない場合は、とりあえずプレゼントボックスに預けておいていい武器ですね。

ダマスカス鋼を使う優先度もかなり低いので、自力で4本集めるまではプレゼントボックスから出さないようにしましょう。

闇ユーステスの使い方考案

闇ユーステス4コママンガ

1ターンキル編成に

闇有利古戦場のEX+を1ターンキルできるメカニック編成!

闇ユーステスは1ターンキルで敵を撃破したい場合に使えますね!

上のリンクは闇ユーステスを起用した、EX+1ターンキルの方法を紹介していますので、参考にしてみて下さい♪

ただし!充填Lvを上げるためにはアビリティを3回も使う必要もあるので、アビポチ数が増えることを嫌う上級者さんは使わない場合もあります。

武器などで奥義ダメージアップ&奥義ダメージ上限アップを確保できる方は、闇ユーステスがなくても1ターンキルができますからね。

連撃率を上げたい場合

闇ユーステスはツー・マン・セルによって、連撃率の確保+追撃付与ができるのが非常に大きいです。

連撃率を確保できると奥義の回転数が上がりダメージを稼げますし、追撃効果は通常ダメージの底上げができます、

これが実質常時できますので、連撃率が足りないとき闇ユーステスは非常に頼りになりますね!

短剣編成で

オメガ短剣を採用した短剣編成では、闇ユーステスはスタメン候補に上がります。

主人公のメイン武器を短剣にし、短剣得意のキャラで固めることで、攻撃力と最大HPを上昇します。

メイン武器は奥義効果で連撃率アップ+追撃効果を付与(味方全体)できるパラゾニウムが理想ですが、当面は闇属性の四天刃でも十分効果を得られます。

オメガ短剣を作る場合はパラゾニウムを引いてからの判断になると思いますが、将来性がある編成なので、闇ユーステスは育てておいて損はないですね!

闇ユーステスの個人的な評価まとめ

・短剣編成のスタメン候補と将来性アリ!
・ツー・マン・セルで連撃確保ができる。
・1ターンキル編成でも使える。
・アビポチ数がかさむのが欠点。
・奥義タイミングと充填Lvが噛み合わない場合も・・・

はい!ということで今回は、闇ユーステスの個人的な評価を書いてみました。

僕の場合は加入当初からスタメンに入るレベルで強かった印象なので、育てておいて損はないキャラです。

短剣編成入りの可能性も十分ありえますので、将来性があるものいいですからね!

以上、『闇ユーステスの個人的な評価と使い方を考案!』でした。