オロオロKTのグラブル攻略ブログ

管理人オロオロKTがグラブルの攻略を綴(つづ)っていくブログとなっております。経験を積んだら所有しているキャラ、召喚石など評価した記事予定しております。

アザゼルの個人的な評価と使い方を考案!

アザゼル
デバフと火力
両立する万能キャラ!

オロこんばんちわ~

オロオロKTのグラブル攻略ブログへようこそ!

管理人のオロオロKTでございます。

今回はアザゼルの個人的な評価と使い方をまとめていきます。


使ってみた感想は、アビリティにデメリットはあるものの、デバフと火力を両立できる便利なキャラだなと思いました。

短剣編成を目指してヴァンピィ・ユーステス・アザゼルの3人をスタメンにしようかと考えるほどのキャラでしたね!

可能性を感じるキャラなので、今回の記事が少しでも参考になれば幸いです♪

それでは本日のグラブルも張り切って参りましょう!

 

下のメニューをクリックすると
その部分に飛びます
お好きなところからどうぞ♪

本日のメニュー

アザゼルの個人的な評価

個人的な評価点

・全キャラで比較⇒92点/100点

短剣得意キャラの優先順位は、ヴァンピィ最終>ユーステス>アザゼルの優先順位となります。

SSRヴァンピィ最終上限解放の評価と使い方考案!
闇ユーステスの個人的な評価と使い方を考案!

カニック編成では気になりませんが、1ターンキル編成以外で使うと連撃率の低さ+追撃がないので物足りなさを感じましたね。

ヴァンピヴィも魅了必須キャラなのですが、あちらさんはヴァンパイアブラットを消費すすると、魅了成功率100%+TA確定付き。

最終と非最終の差はありますが、やはりヴァンピィの方が1枚上手のようです。

強いポイント

・サポアビでクリ/奥義ダメ/奥義ダメ上限を上げられる。
・サポアビ発動条件の暗闇と毒を自身で付与できる。
・優秀なデバフ闇防御25%ダウン持ち。
・高倍率強化で火力アップが可能。
・光防御ダウンはある程度幻影でカバー。

弱いポイント

・アビポチが多くなりがち。
・連撃が不足しがち。

アザゼルのステータス

アザゼルのステータス

レアリティ SSR
属性 闇属性
最大HP 1380
最大攻撃力 9990
種族 星晶獣
得意武器 短剣・格闘
タイプ 攻撃
声優 森田成一

アザゼルは短剣・格闘得意なので、短剣or拳編成のスタメンに入る可能性がありますね。

種族も星晶獣なので不明扱いとなり、種族のステータスが上がる効果の対象となります。
種族不明はどの種族に属するの?星晶獣、主人公は?

声優さんはMAJORの佐藤寿也役(中学生以降)を担当された森田成一さん。

おそらくBLEACH黒崎一護が1番有名だと思われますが、個人的には機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のアウル・ニーダ役の印象が非常に強いですね!
(´∀`*)ヾ(・∀・;)グラブルヤレ!

アザゼルの奥義性能

アザゼルの奥義性能

アザゼルの奥義効果は、闇属性特大ダメージ+自分に幻影効果1回を付与。

幻影は次に受ける単体攻撃を無効にできる効果になります。

アザゼルの3アビで自身の光防御が20%もダウンしてしまうので、幻影効果はありがたいかなと思います。

全体攻撃で消滅してしまいますのでご注意を!

アザゼルのアビリティ性能

アビリティ1:マーシレスドゥーム

アビリティ1:マーシレスドゥーム

敵全体に暗闇効果+闇属性防御を25%ダウンさせるアビリティ。

対象が敵全体で効果自体も高いものの、自身の奥義ゲージを20%がダウンしてしまうのが欠点になります。

1ターンキル編成の場合、メカニックであれば全く問題ありませんが、黄龍クリュサオル編成では奥義ゲージが足りなくなる可能性もありますね。

アザゼルの限らず奥義ゲージ消費するアビリティを持つキャラは、4番目に配置すると良いでしょう。

アビリティ2:タナトスゲイン

アビリティ2:タナトスゲイン

敵に闇属性ダメージ+毒効果を付与するアビリティ。

毒状態であればダメージ上限がアップしますが、このアビリティの目的は敵を毒にすることになります。

暗闇+毒状態にすることでサポアビ2つを強化できるのが強み!

詳細はサピアビのところで解説しますね。

アビリティ3:マリスウィング

アビリティ3:マリスウィング

自身の闇属性攻撃を70%上げるさせる代わりに、光防御が20%下がってしまうアビリティ。

高倍率の闇属性攻撃アップが3ターン続くので、ダメージアビリティと奥義前に使用することで、高火力を叩き出せます!

光防御20%ダウンは奥義効果後の幻影により、多少はカバーできるのが救いです。

追加サポアビによって連撃率がアップする点も見逃せませんね!

サポートアビリティ

不遜なる翼

暗闇状態の敵からの攻撃に対して回避率アップ+毒状態の敵に対してクリティカルアップ。

暗闇も毒も自身で付与できるので、不遜なる翼との相性が抜群!

ただし、確定で暗闇や毒を付与できるわけではないので、LBで弱体成功率に★3を振っておきたいところですね。

叛逆の業火

暗闇かつ毒状態が必須になりますが、なんと!2つ目のサポアビで奥義ダメージと奥義ダメージ上限を上げることができます。

奥義火力を大幅に上がることができるので、暗闇&毒の付与は必須!

アビポチ数はかさんでしまいますが、非常に強力なサポアビになります。

個人的なLBの振り方

アザゼルのLBの振り方

またちょっとLBがためられていませんが、クリティカル★3×2は確定。

サポアビを安定させたいので、弱体成功率も★3×2を振りたいところ。

あとは火力を重視したいので、DA★2、闇属性攻撃★2×2に振る予定です。

アザゼルの追加サポアビ

追加サポアビは『闇属性攻撃力が付与されている場合、連続攻撃確率アップ』と、連撃率が低いアザゼルには貴重!

自身の3アビと相性が良いので★3候補となります。

自身の3アビ以外で闇属性攻撃アップを付与できるなら、さらに取得優先度が上がりますね!

アザゼルの入手方法

レジェンドガチャにて、キャラ解放武器『シャドウサーペント』を入手すると、アザゼルが仲間に加わります。

シャドウサーペントのスキルは、闇属性キャラの攻撃力上昇(中)+暗闇状態の敵に対してDA率アップ。

奥義効果も闇防御ダウンと平凡な効果なのですが、神石編成をやる予定がなら4凸も視野に入れておきましょう。

ダマスカス鋼はさすがに使えませんが、4本集まれば使う可能性はありますね。

アザゼルの使い方考案

カニック1ターンキル編成に

アザゼルは3アビの闇属性70%アップに加え、暗闇+毒状態にするとサポアビで奥義性能とクリティカル率がアップ!

暗闇+闇防御25%ダウン効果の1アビを切る場合、奥義ゲージを20%消費してしまうので、クリュサオル編成とは相性が悪いのが悔やまれます。

カニック編成であれば味方全員奥義ゲージが100%以上上がるので、アザゼルの1アビを切っても支障がないのが良いですね。

短剣or格闘編成に

闇編成であればオメガ短剣orオメガ拳(格闘)編成が組みやすいのが特徴です。

アザゼルは短剣・格闘得意なので、どちらの編成でもスタメン候補になります。

短剣なら闇フェリ・ヴァンピィ・ユーステスなど、格闘なら最終シス・ウーフとレニー・オーキスなどがスタメン候補になるかと。

手持ちのキャラや武器と相談して、どちらを目指すか決めてみてはいかがでしょうか?

闇攻UP付与で連撃率アップ!

アザゼルはLBで獲得できる追加サポアビ効果で、闇属性攻撃力が付与されている場合、連続攻撃確率がアップします。

自身の3アビでも闇属性攻撃をアップさせることができますが、他の効果で付与できるとさらに長いターン連続攻撃確率をアップできます!

闇ジャンヌダルク

闇ジャンヌダルクの個人的評価と使い方を考案!

例えば闇ジャンヌ奥義効果で味方全体に闇属性攻撃を20%アップさせることができるので、相性が良いキャラですね!

アザゼルはLBでDA/TA確率をあまり上げることができないので、こういうキャラと組み合わせると、連撃率を上げることができます。

『個人的なLBの振り方』でも解説しましたが、闇属性攻撃アップを付与できる場合は追加サポアビに★3を振りましょう!

アザゼルの個人的な評価まとめ

・闇防御25%ダウンは非常に便利。
・メカニック1ターンキル編成で使える。
・短剣/格闘編成の両方に入る可能性アリ。
・サポアビが非常に優秀。
・連撃不足を追加サポアビで補おう!

はい!ということで今回は、アザゼルの個人的な評価と使い方をまとめてみました。

短剣/格闘(拳)編成の両方に入る可能性があるので、非常に使いやすいキャラですね!

アビポチ数が気になりますが、序盤ではお手軽に火力が出せるので、メカニックの1ターンキル編成でもおすすめです!

以上、『アザゼルの個人的な評価と使い方を考案!』でした。