オロオロKTのグラブル攻略ブログ

管理人オロオロKTがグラブルの攻略を綴(つづ)っていくブログとなっております。経験を積んだら所有しているキャラ、召喚石など評価した記事予定しております。

闇ベアトリクスの個人的な評価と使い方を考案!

闇ベアトリクス
お○かわいいw
ベアの性能と使い方

オロこんばんちわ~

オロオロKTのグラブル攻略ブログへようこそ!

管理人のオロオロKTでございます。

今回は闇ベアトリクスの個人的な評価と使い方を考案していきます。


『背水はHPを減らすからコワイ!』

こういう方のためにベアトリクスは、練習台となるキャラです。
(`・ω・´)ヾ(・∀・;)イイカタ!

とりあえずベアトリクス1人で背水維持の練習をして、慣れてきたら他のキャラも・・・という感じで、背水の強さを実感していただければと思います。

それでは本日のグラブルも張り切って参りましょう!

 

下のメニューをクリックすると
その部分に飛びます
お好きなところからどうぞ♪

本日のメニュー

ベアトリクスの個人的な評価

個人的な評価点

全キャラで比較⇒93点/100点

3アビ:ライジング・スターによってHPを減らしつつ、逆境を付与して戦うアタッカータイプのキャラ。

闇マグナ編成ではセレ拳に頼ることになるので、ほぼ背水編成になりがち。

こうなるとベアトリクスの3アビ+逆境との相性が抜群なので、育てて置いて損はないですね!

HPのを減らして戦うので、2アビの攻撃ダウンも生存率を上げるのに一役買ってくれています。

強いポイント

・背水編成と非常に相性が良い。
・剣得意のため闇編成で組みやすい。
・サポアビによって奥義性能強化!
・敵攻撃合計40%ダウンで弱体役も。
・おバ○わいい(笑)

弱いポイント

・回復系と相性が悪い。
・HPの管理が難しい。
・渾身編成では使えない。

ベアトリクスのステータス

闇ベアトリクスのステータス

レアリティ SSR
属性 闇属性
最大HP 1300
最大攻撃力 9250
種族 ヒューマン
得意武器
タイプ 特殊
声優さん 平野 綾

闇属性は剣得意が多いので、オメガ剣を採用した剣パーティに入れることもできますね。

種族もヒューマンとグラブルで最も多い種族に属しているので、バハ武器とも合わせやすいと思います。

声優さんは涼宮ハルヒ役で有名な平野綾さん!

グラブル内ではブローディアの声優も担当されているので、かわいいベアとカッコいいブローディアの声を堪能してみましょう♪

ベアトリクスの奥義性能

闇ベアトリクスの奥義性能

ベアトリクスの奥義効果は、自分の被ダメージを1回無効にすること。

3アビ使用中心に戦うベアトリクスにとって、ダメージ無効は非常にありがたい効果です。

連撃率を上げて奥義回転率を上げると、さらに活かしやすい効果となります。

オメガ剣を編成に加えた剣得意パーティや、連撃率を上げるアビリティ持ちのキャラ(闇ユーステスなど)と相性が良いですね

ベアトリクスのアビリティ性能

アビリティ1:エムブラスクの剣

アビリティ1:エムブラスクの剣

敵に闇ダメージを与えるアビリティですが、使用目的は次の攻撃で必ずTA(トリプルアタック)確定の効果

TA確定効果は1ターン。

しかしTAによってサポアビの『クロック・オー・デルタ』の時計の針が進み、奥義性能がアップするのでより火力を出しやすくなります。

使用間隔はLv55から6ターンなので、再使用は忘れずに行いたいところですね。

アビリティ2:ユニフィケイション

アビリティ2:ユニフィケイション

敵の攻撃25%ダウン(片面枠)+光属性攻撃15%ダウン(属性枠)=合計攻撃40%ダウンもできる弱体アビリティ。

1人で敵の火力を大きく引き下げれるので、背水を維持するには嬉しい効果ですね!

両面枠で攻撃力を下げる(主人公のミゼラブルミスト等)場合は、光属性攻撃力ダウンが活かしにくい点には注意。

さらに光属性攻撃ダウンは外すのをたびたび見かけるので、安定性に欠けるのが残念ですね。

アビリティ3:ライジング・スター

アビリティ3:ライジング・スター

ベアトリクスの最大の長所でもある3アビ:ライジングスター!

自分の最大HPの40%を消費して、自分のHPが少ないほど攻撃を大きくアップさせる(逆境を付与)アビリティ。

効果時間は8ターンもあるので、長時間高火力を維持できます。

3アビを2回使った闇ベアトリクスのHP

↑3アビを2回使ったHP

また使用間隔が1ターンなので、2回目のアビりティ使用も選択肢に入ります。

HP維持に自信がある方は是非使ってみましょう!

ベアトリクスの使い方の項目で後述しますが、闇属性のSSRキャラ『コルル』と組み合わせると、この戦法がやりやすくなります。

サポートアビリティ

サポートアビリティ1

自分の残りHPのが少ないほど、連続攻撃確率+回避率がアップ。

3アビと非常に相性が良く、連続攻撃確率アップは火力アップと奥義回転率が良くなるので◎

回避率アップも背水維持がしやすくなるで、回避が成功してくれるとありがたいですね♪

サポートアビリティ2

サポアビの2つ目は、TA発動時に時計の針Lvが1上昇(最大Lv3)し、時計の針Lvに応じて奥義性能がアップするというもの。

1アビによってTAが確定するので、2ターン目からLv1の状態にできますね。

1アビを使用しなくても、TAが出たらその場で奥義性能がアップするので、奥義回転率を上げていきたいところ。

1ターンキルの場合は使えませんが、中・長期戦では非常に強力なサポアビとなります。

個人的なLBの振り方

闇ベアトリスクのLBの振り方

クリティカル★3×2は確定として、背水スキルを活かすことになるので、背水★3×2も取得。

1アビの確定TAも効果が1ターンしか続かないので、DA確率に★2を振りました。

あと残り★3なのですが、背水を維持するために防御力に振るか?サポアビに★3を振るか?の2択になるでしょう。

追加サポアビ

個人的には防御力を少し上げたくらいじゃHPが低い状態のベアトリクスでは耐えられないと思い、追加サポアビに★3を振る予定。

奥義効果のダメージ無効と合わせれば、さらに背水維持がしやすんじゃないかな?

ここらへんは発動率を見ながら、あとで調整って感じになりますね。

ベアトリクスの入手方法

レジェンドガチャにて、キャラ解放武器『グラム』を入手すると、ベアトリクスが仲間に加わります。

グラムの性能は奈落の背水(大)+DA確率上昇(小)+クリティカル確率上昇(小)

リミテッド武器と比べると見劣りはしますが、ハデス編成で十分使える性能です。

さすがにダマスカス鋼までは使うことができませんが、レジェンドガチャで4本揃ったら、4凸を検討してもいいかもしれませんね!

ベアトリクスの使い方考案

4コマ漫画での闇ベアトリクス

背水初心者お試し用に

ベアトリクスは自分自身のHPを減らし、高火力を出すキャラクターです。

背水編成と非常に相性が良いキャラですが、低いHPを維持しつつ戦うのは初心者には難しいと思います。

しかしベアトリクスは自分1人だけのHPを減らして戦うので、もし戦闘不能になったとしても、サブ枠のキャラでカバーすれば問題ありません。

ベアトリクス1人のHP維持で背水の練習をしてみて、慣れてきたらパーティ全体のHPの維持に挑戦してみましょう!

水着ゾーイ+デス

水着ゾーイのコンジャクション⇒デス4凸の召喚効果で水着ゾーイを落として使う場合、サブ枠1人目が戦闘に加わりますよね?

水着ゾーイ+デスに関して

水着ゾーイは2アビ:コンジャクションがメインのキャラ。

1アビ、3アビがそこまで実用的じゃないため、4番目に配置してデスの召喚効果で落とす起用方法もあります。

デスの召喚効果によって、味方全体に確定TAが4ターンも続くので非常に強力なコンボとなります。

この時のHPは当然MAXなので、サブ枠から来たキャラは背水が効いていない状態で戦闘をすることになります。

しかしベアトリクスをサブの1人目に置いた場合、3アビですぐHPを減らすことができます。

なのでスタメン3人がHP1+確定TAが付与された状態で、ベアトリクスの3アビ使用で全員が背水が聞いた状態で戦えるというわけですね!

コルル

得意武器が槍なのでオメガ武器の対象にするのは難しいキャラですが、背水のHP維持に非常に便利なキャラですね。

1アビによって全体かばう+被ダメージを50%軽減できるので、自分に攻撃を集めることができ、他のキャラを攻撃から守ることができます。

また3アビによって、即時奥義発動+他のアビリティが即使用となるので、すぐ1アビを使いたい場合に使うと便利。

ベアトリクスの3アビを2回使用するときは、コルルの1アビで守るといいかもしれませんね!

ベアトリクスの個人的な評価まとめ

・背水編成ではアタッカーとして優秀。
・サポアビで奥義性能アップは強力!
・奥義効果のダメージ無効も地味に嬉しい。
・攻撃ダウンも背水維持に一役買ってくれる。
・コルルなど背水維持の手段が欲しい。
・水着ゾーイ+デスを使う場合は、サブ1枠目での起用がおすすめ。
・LBも背水を意識した振り方をしよう!

はい!ということで今回は、ベアトリクスの個人的な評価と使い方を考案してみました。

剣得意パーティではスタメン候補の上がるくらいの性能ですね!

剣得意編成じゃなくても背水編成では十分使えますので、ベア=捕まるイメージを払拭して使ってみて下さい(笑)

以上、『闇ベアトリクスの個人的な評価と使い方を考案!』でした。