オロオロKTのグラブル攻略ブログ

管理人オロオロKTがグラブルの攻略を綴(つづ)っていくブログとなっております。経験を積んだら所有しているキャラ、召喚石など評価した記事予定しております。

【必見】青の書の集め方4つと使い道【序盤は不足気味・・・】

青の書

この記事は移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。


オロこんばんちわ~管理人のオロオロKTでございます。

青の書って序盤は不足しやすいですよね?
( ・ω・)(´∀`*)デスヨネー

そこで本記事では青の書の集め方と使い道を解説していきます。

十天衆の加入を目標にしているそこのアナタは必見ですよ!

 

下のメニューをクリックすると
その部分に飛びます
お好きなところからどうぞ♪

本日のメニュー

青の書の集め方一覧

リヴァイアサン討伐戦(HARD)

リヴァイアサン討伐戦(HARD)

おすすめ度:★★★★★

個人的に1番おすすめしたクエストは、リヴァイアサン討伐戦のHARD(ハード)ですね。

通称:島ハードとも呼ばれ、優良な素材がバランス良くドロップするクエストになります。

素材の他にスキル上げ素材のSR武器、エレメント化使うSR召喚石もドロップします。

HARD+をクリアすれば3回分の報酬が一気にもらえるのも嬉しいポイント。

リヴァイアサン討滅戦のドロップ

欠点を1つ上げるとしたら、青の書のドロップ率が低いこと。

『じゃあなんでおすすめするの?』言うと、青の書は序盤以外足りないことはほぼなく、他の素材の方が貴重だからですね。

このドロップアイテムの中では、水の宝珠を将来とんでもなく使う(天星器の属性変更先に依存)ことになります。

なので僕は青の書より貴重な素材拾える、リヴァイアサン討伐戦をおすすめしております。

玉水の試練

玉水の試練

おすすめ度:★★★☆☆

水属性の素材を狙うなら間違いなく玉水の試練です。

青の書以外にも、水の宝珠・霧氷の宝珠・濁流の巻・アクアジーン・星晶の欠片・青竜鱗も同時に狙うことができます。

水属性の素材を狙う!という目的はハッキリとしているなら、自信を持っておすすめできるクエストですね!

玉水の試練のドロップ

1つ欠点をあげるとしたらと、消費AP40は少々お高いこと。

これは半額期間中まとめて周回することで、半汁(エリクシールハーフ)の消費負担を軽減できます。

通常期間中に足りない素材を調べておいて、必要な数を半額期間に集めると良いでしょう。

難易度もちょっと高めではありますが、十天衆加入を目指す方々なら問題ないレベルです。

碧蒼の試練

碧蒼の試練

おすすめ度:☆☆☆☆

上限解放クエストに『碧蒼の試練』というクエストがありますが、この難易度:NORMAL(ノーマル)でも青の書がドロップします。

他の難易度では書のドロップ率が下がるので、書が目的ならノーマル1択です。

このクエストでのメリットはAP8という破格な安さにあります。

碧蒼の試練ドロップの一例

しかし、欠点は『ほぼ書しかドロップしない』『ドロップアイテムの属性はランダム』とうことがあげられます。

属性がランダムなのは仕方ないのですが、ほぼ書しかドロップしないのが厳しいですね。

序盤のキャラレベル上限解放には使えるかもですが、書は全体的に将来余ります。

個人的には玉水の試練の方をおすすめしたいのですが、書だけ欲しい!という方にはアリかもですね。

蒼光の輝石と交換

蒼光の輝石と交換

おすすめ度:☆☆☆☆☆

蒼光の輝石1個と青の書10個を交換することができます。

レート的にはまだ良心的なのですが、これは交換しない方がいいでしょう。

理由としては『蒼光の輝石がレジェンドガチャでしか入手できない』からですね。

蒼光の輝石を使う場合は、非常にドロップしにくいアイテムや、レート的に非常にお得な場合のみ、交換するようにしましょう。

蒼光の輝石と交換するおすすめアイテムはコチラ!

効率が良い集め方

リヴァイアサン討伐戦は毎日

バランス良く素材のドロップが期待できる『リヴァイアサン討伐戦(HARD)』は、
できるだけ毎日やりたいクエスになります。

青の書だけ見れば効率が悪いのですが、将来的に使う素材が多いので、毎日コツコツ集めておきのがおすすめです。

1日で一気に集めるより、長期的に少しずつ集めていく方が楽ですからね♪

バランス良く集めよう

碧蒼の試練は書のドロップは最効率を誇りますが、その『書』自体そんなに使いませんからね。

序盤はR・SRキャラの上限解放するために使うかもしれませんが、最近ではサイドストーリーでもSSRキャラが加入しますからね。

R・SRキャラ限定クエスト以外使うことは少ないので、SSRキャラ優先で育成していきましょう。

半額期間を利用する

青の書など水属性の素材に絞って欲しい場合は、玉水の試練がおすすめです。

ただし、通常期間のAP40は結構高いので、周回するなら『半額期間中に周回』するようにしましょう。

グラブルは半汁がなくなってしまうと、何もできなくなってしまいますからね・・・苦笑

ドロップ上昇は最大限

軌跡の雫(ドロップ率アップ)

エストを周回する時は、ドロップ上昇できるものを最大限に活用していきましょう。

個人的には以下のものがおすすめです。

  • 軌跡の雫(ドロップ率アップ)
  • SSR召喚石カグヤ
  • サブ枠にエッセル

召喚石はカグヤじゃなくてもいいのですが、経験値よりドロップの方が大事と思っているので、僕はカグヤを優先的に選んでいます。

十天衆のエッセルがいるば、サブ枠に入れておくと良いでしょう。

SRリチャードでもドロップ率がアップしますが、たった1%ですからね・・・

ここは育成したいキャラでもいいんじゃないか?と思います。

青の書の使い道

十天衆の加入に

十天衆の加入には、天星器の覚醒(最後まで強化すること)が必要になります。

そのために青の書を250個使う『可能性』があります。

というのも、書は天星器の属性によって使う書は変わってきます。

水属性であれば青の書を使いますが、他属性の場合は使わないこともありますね。

キャラレベル上限解放

水属性のR・SRキャラレベルの上限解放で使うことになります。

Rキャラは5個、SRキャラは2個使いますが、そんなに気にしなくてもいいでしょう。

そら無計画にバンバン上限解放すれば足りなくなりますが・・・
(;・ω・)ヾ(・∀・;)アタリマエダ

現時点でスタメンに入るだけのキャラ分は、全然消費してOKです♪

濁流の巻と交換

濁流の巻と交換

青の書5個と濁流(だくりゅう)の巻1個を交換することができますが・・・これはいらないですね。

玉水の試練を周回していれば濁流の巻は入手できますし、なんならイベントの救援でもドロップします。

かなり余っている人は交換してもいいのですが、1日3個までという制限もあるので注意!

青の書の集め方と使い道まとめ

  • リヴァイアサン討伐戦(HARD)が毎日やりたい
  • 水属性の素材なら玉水の試練
  • ↑半額期間を利用しよう
  • 書だけ欲しいなら碧蒼の試練
  • 交換はしない方が良い
  • 十天衆の加入で250個使う可能性がある
  • R・SRキャラの上限解放で使う

はい!ということで今回は、青の書の集め方と入手方法を解説してみました。

青の書は序盤は足りなくなりまが、リヴァイアサン討滅戦などで補いましょう。

最終的に余りますので、碧蒼の試練は必要最低限の周回が良いでしょうね!

以上、『【必見】青の書の集め方4つと使い道【序盤は不足気味・・・】』でした。